パワービルダー建売

オプション工事費用まとめ~新築建売住宅入居準備にいくらかかる?

こんにちは、さくさくっくです。

本日は、新築のパワービルダー系建売住宅に必要なオプション工事諸々の費用について書きたいと思います。

オプション工事費用

網戸(横引ロール網戸含) 87,000
小型LED照明(トイレ・玄関・廊下・洗面所計6ヶ所) 39,000
キッチン照明 20,000
階段照明 12,000
リビングエアコン(化粧カバー等含) 233,000
面格子(2ヶ所) 65,000
防草シート・砂利敷き 44,000
TVアンテナ 46,000
表札 15,000
浴室ブラインド 17,000
クローゼットハンガーパイプ(5ヶ所) 24,000
602,000

カーテン(オーダー)

カーテン(10窓) 231,000
カーテンレール 70,000
ふさかけ 12,000
取付費 31,000
344,000

キッチンボード(オーダー)

キッチンボード一式 280,000
280,000

かかった費用総額

1,226,000

今、初めて知りました(笑)

高っ!!!

因みに、実際にはもう少し細々したものも頼んだので、もっとかかっています。

住宅購入時にはこんな金額がポンポン飛び交います。

だから、千円の差どころか、一万円の差さえ誤差のように感じてくるんですよね。

一万円の差が誤差な訳ありませんよ!

締めるところは締めて、その分お金をかけたい箇所にまわした方が良いですよね。

例えば、うちはカーテンやキッチンボードをオーダーしましたが、既成のカーテンにしたり、引っ越し前に使用していたキッチンボードをそのまま使用すれば、それだけで数十万違います。

そのお金で高画質TVや良質の家具を購入したり、頭金を増やすことだって出来ますよね。

この他に必要かもしれないもの

  • 駐車場コンクリート工事

駐車スペース1台分しかコンクリート舗装されていない場合もあります。

車を2台所有していたり、土のままだと汚れるから嫌だという場合はオプション、あるいは外構工事でコンクリート舗装する必要が出てきます。

我が家はサービスで無料でしてもらいました。

業者さんに依頼すると10万以上かかる場合が多いと思います。

  • レンジフィルター

こちらも我が家はオプション業者さんにサービスでしてもらいましたが、最初に取り付けておいた方がよいと思います。

油でベトベトになってからでは意味がないので新築の時に。

  • ベランダテラス・物干し金具

標準では物干し金具が一ヶ所しかついていない可能性が高いです。

うちは幼児2人の4人家族ですが、すでに洗濯物を干すとパンパンです。

もう一ヶ所追加工事を予定しています。

その際はテラス付きにしようと考えています。

部活をしているお子さんがいるようなご家庭なら、最初に工事しておいた方がいいかもしれませんね。

見積りを取りましたが、10万程します。

  • フロアコーティング

これも新築時しか出来ませんので、希望される方はしっかり予算に組み込んでおいた方がいいですね。

  • 食洗機

我が家は予算の関係上諦めましたが、工事をするなら新築時が良いと思います。

入居後に台所で工事って大変だと思うので。

まとめ

パワービルダー系は購入したままでは住めません。

最初のオプション工事は必須です。

でも、実際にどんな工事が必要でどれくらいかかるのか、パッと思い付きませんよね。

私も色々と調べたり、数社見積りを取ったりしました。

その際、実際に住んでいる人が頼んだ工事内容や費用がわかったら参考になったなと思い、記事にしました。

お金の話って、住宅購入経験のある友人等にもなかなか聞きづらいですしね。

すごく聞きたいことなのに(笑)

探せばもっと安い業者さんもあるかもしれません。

いくつかあたって良い業者さんを探してくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。